ル・モンド@新宿

年末の、もう何連勤なのか考えるのもやめた、その日食べたいものを我慢せずに食べる!ってことだけで、自分の機嫌を保っていた私をすごく救ってくれたステーキ。

 

ル・モンドリブロースステーキ

 

f:id:accomplice6186:20190103113748j:plain

▲これで1,000円!!

 

新宿でよく行列になっているお店なので存在は知っていて、いつか行きたいと思っていた。

昼に肉を欲した、このタイミングで。

 

想像していた10倍好きなお店だったぁぁぁ(涙)

もっと男っぽいステーキ屋さんだと思っていたんだけれど、バランスの良い洋食屋さん寄りだった。

お店の人も、ステーキに特化したクラシック洋食っぽい雰囲気。お肉が焼きあがるタイミングで声がかかり、手際よくライスをよそう。ライスの量も規定通り、目分量とかではない。

料理を提供するまでの流れが綺麗。キッチリとしている。

ホールのお姉さん明るくて感じが良くて、元気をいただいた。

 

そう、元気をいただき、ごちそうさま、美味しかったで帰るのが外食するってことだよなぁ。

 

そして美味しいものは安くても高くても(すげい高いものは食べたことないけど)、きれい!!

だって最高でしょう。

お肉の赤み、ポテトの黄色、いんげんの緑。

 

もっかい貼る。

f:id:accomplice6186:20190103113904j:plain

▲はい!きれい!

 

あとソースと、お肉の上のバター(バターなのかな?胡椒の香り)の塩加減。

個人的にはもう一味塩辛い方がご飯が進むんだけど、これワザとこの味で抑えてるんだろうなと思わせる安定感。

たぶんこのくらいの方がお肉とのバランスは良いはず。ソースが勝つんじゃない。塩味が足りないと思えば、少しお塩かけてもアリ。自分で調節可能なんじゃないかな。

 

好きな芝居と好きな味、お店は似ていて、こういう一見地味なんだけれど、細部まで気が届いている目の細かさ、職人的お仕事が好きだ。

最後にこのサラダっていうかレタス見てください。

f:id:accomplice6186:20190103115101j:plain

葉っぱだけ??と思ったら大間違い。ドレッシングのお酢加減、どタイプだったから。

最初に出されたこのなんの変哲も無いレタスに胸を突かれた。好き…。

 

 

ごちそうさまでした!

また行くー!

 

元気出た。

 

ル・モンド 新宿店

03-3343-7728

東京都新宿区西新宿1-16-11 1F

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006710/