2週間でアベンジャーズ

f:id:accomplice6186:20180606020424j:plain

私のアベンジャーズ修行がもうすぐ終わってしまう。

 

5月20日、六本木。

米倉涼子トークショーにふらっと当日入れないかな?と、私にしては結構朝早く、ミッドタウンに赴いた。

のだけれど、結局、会場に入ることは叶わず「それでは米倉涼子さんのご登場です!」と壁一枚越しにコメちゃんが司会の方に紹介されている、音だけを聞いた。

壁一枚越しに米倉涼子がいるのに、この目で彼女を拝めなかった。

鼻声で質問に予期せぬ斜め上の答えを返していくだろうコメちゃんに会えなかった。

そんな残念さ、悔しさを紛らわすために『アベンジャーズ  インフィニティ・ウォー(吹替)』を観に行く決意を即固めた。

 

同じく米倉さんファンの友人がアベンジャーズ好きで、キャプナタが大好きで、TLに並ぶ呟きはなんとなく目にしていて、気にはなっていた。

勝手に私がtwitter上で、この方、ひとつ上の世代、第三舞台とか見てる世代の師匠だな、と思ってフォローしている方もIW公開に滾っていた。

「好き」がことごとく被る人たちが好きなシリーズなのだから、私も好きになれるかもしれない、何より鼻声のコメちゃんの吹替が聞きたい、今日聞きたい。

 

だから見た。聞いた。鼻声だった。コメ。

誰が誰とどういう関係なのかとかサッパリわからないけれど、ガタイの良いヒゲの人が3人ぐらいてなかなか見分けがつかなかったけど、その割には超楽しかった。

 

これは、、、イケる。

 

そう踏んだ私は、家に帰るなりHulu登録。

まず無印の『アベンジャーズ』を観た。

だって友だちが「ホークアイ勝村政信み」みたいなLINE送ってくるから、じゃあホークアイ出てるのから見ないとな、ってなるでしょ、なるよ。大好き、勝村さん。

 

 

これは、、、ホークアイ勝村政信でイケる。

 

弓使いのホークアイことクリント・バートンを演じるジェレミー・レナー氏がものすごい勝村顔と身体つきで。

その上、彼とバディを組む女スパイ、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフ(演:スカーレット・ヨハンソン)の吹替が米倉涼子

カツコメじゃん。勝村さんと米倉さんが仲良くしてるの見るの好きすぎるんだわ。

 

お互い無意識に距離感が近い、けれど恋人同士ではない、でもお互いが大切、無言で息があってて強い、そんな職業バディが私のツボ直撃。

 

 

まずはホークアイとナターシャ、クリントとナターシャ、クリナタを辿った。

といったところで、私の視聴順を振り返ってみる。

 

5月20日

アベンジャーズ  インフィニティ・ウォー(吹替)

アベンジャーズ(吹替)

5月21日

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(吹替)

5月22日

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(吹替)

5月23日

キャプテン・アメリカ シビル・ウォー(吹替)

5月24日

アイアンマン(字幕)

5月26日

インクレディブル・ハルク(字幕)

5月27日

アイアンマン2(字幕)

マイティー・ソー(字幕)

キャプテン・アメリカ ファーストアベンジャー(字幕)

5月28日

アイアンマン3(字幕)

5月29日

マイティ・ソー(字幕)

アベンジャーズ(字幕)2回目

5月30日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(字幕)

5月31日

アントマン(字幕)

6月1日

キャプテン・アメリカ シビル・ウォー(字幕)2回目

6月2日

ドクター・ストレンジ(字幕)

6月3日

アベンジャーズ  インフィニティ・ウォー(字幕)2回目

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(字幕)

6月4日

スパイダーマン:ホームカミング(字幕)

6月5日

マイティ・ソー バトルロイヤル(吹替)

 

5月20日から6月5日までの17日間で18作見きって、そして6月6日配信開始の『ブラック・パンサー』見終えたら、18日間で19作品コンプリートとなる。

 

なんだかすごく毎日楽しかった。

基本的にHuluとアマプラ、iPhoneで夜、ベッドに入って寝る前に、ひたすら見た。

真っ暗な中、コンタクトも外しているから周りもよく見えない、この状態が一番集中できる。

家のテレビ画面で映画を落ち着いて観ることができないな、と常々思っていたのだけれど、この方法ならアベンジャーズに限らずもっとたくさん映画も観られるかもしれない!そんなことも発見だった。

とにかく良い芝居を一本でも多く観たい。

 

 

アベンジャーズは作品数が多く、その分キャラクターも多く、舞台も地球に留まらずどんどん宇宙だし、シリーズ全体がとても大きくドーーーーーン!としているのに、キャラクターの描き方や、各シリーズの世界観の色付け、シリアスとコメディのバランス、そしてアッセンブルしたときの興奮の生み出し方…練るべきところがきっちり練られている、エンターテイメントに貪欲な感じが、ものすごく好きだと思った。

そもそも脚本が良いのだと思う。シリーズが巨大化するほど、作品同士、キャラクター同士にうまく関連性を持たせるのに苦労するはずなのに、肝を外さない。唸るほどうまい。そしてスケール感が日本で作られる作品とは全く違う。

各キャラクターも、そのそれぞれの関係性も含めて、見れば見るほど愛おしくなる。

 

ドクター・ストレンジ』まで見たところで、我慢し切れず、映画館で2回目の『インフィニティー・ウォー』だったのだけれど、これまでの経緯も大体分かっていて、だからこそみんなのことが好きになっていて、もう冒頭からウルウルきた。

あのトニー・スタークがガラケーを切なげに持ち続けているだけで、グッとくる。

中盤以降のクライマックスに次ぐクライマックス。

クライマックスというのは普通終盤に訪れるものではないの?

後半1時間の怒涛の展開に引き込まれて、瞬きと息吸って吐くのを忘れそうになる。

サノス・・・・・・まじサノス・・・・・・・。

とにかく、

 

 

シリーズを見てからIW観たら、こんなに感じ方が変わる!!!!!

 

 

IWからでも遅くなかった。

むしろ、今からでも間に合ってよかった。

この後の『アントマン&ワプス』『キャプテン・マーベル』『アベンジャーズ4』『スパイダーマン:ホームカミング2』全部楽しみ。

ブラック・ウィドウ単独もすごくすごく楽しみ。

ところでホークアイ単独は?

 

 

さあ、もう12時を過ぎました。

6月6日です。

こんなブログを書いている間に『ブラック・パンサー』ネット配信開始。

レンタルはまだ先のようで購入不可避。(書きながら買った)

最後の一作、見てきます。

『ブラック・パンサー』を見たら、もう一回映画館でIWを見ようと思う。

これでやっと修行を終えて、アッセンブルできる気がする。

 

米倉さん、ありがとう。ヨネちゃんがナターシャだったから、よりすんなりとアベンジャーズに興味を抱けた。

いまの私はあの顔とカタチが好きすぎるので、ころっとジェレミー・レナーのファンとして落ちてもゆくと思う。ミッションインポッシブルもアマプラちゃんで見るだろうし、『ウインド・リバー』のムビチケも買ってしまったよ。

だって、エリザベス・オルセンと共演とか卑怯じゃない?スカーレット・ウィッチよ?しかもエリザベスって、あのオルセン姉妹の妹って、言われてみたら顔似てる、ソックリ!

ムビチケ買ったらジェレミーが銃構えてるクリアファイルもついてくるとか卑怯。好きな顔のクリアファイルとか卑怯だ。みたいな感じで、、、

 

 

あぁ今日までたのしかった!

そして今日から先がもっともっとたのしみだ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに見分けがつかなかったヒゲの人は、ソー、キャプテン、クイル。